スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.06.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

◆読者の皆様へおしらせ◆

この度、他サイト管理人様と合同して新たに無料サイトを 立ち上げましたので
これからはそちらにていろいろと 公開していきたいと思いますので宜しくお願いします。

新サイトはこちら→【エロ写メ無料案内所】


エロ写メ 予想を上回る

 米Apple社は6月16日、iPhone 4の予約が60万台を超えたと発表するとともに、システムダウンなどの混乱に遭遇した予約希望者に謝罪した。またソフトバンクモバイル(株)の孫 正義社長もTwitter上で謝罪をした。

米 Apple社は発表の中で、iPhone 4の予約が60万台を超えたと発表した。これは、1日分の予約数としては同社最大の台数で、予想を上回るものだったとのこと。また、予約システムがダウン して予約作業に遅延が生じたことについて、同社ではその困難に遭遇した購入希望者に謝罪し、再度トライすることを希望するとしている。

iPhone 4の予約に関しては、予約を開始した米国以外の国々でも遅延などのトラブルが発生し、日本でも同様の事態が発生した。ソフトバンクモバイル(株)の孫 正義社長は 「iPhone4の予約において販売店もオンライン申込も大変御迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。」と謝罪。「3GS予約実績の10倍の 申込に耐える容量でしたがそれ以上の申込でした。昨年の申込百倍以上に耐えれる規模に拡大しました。昨日は、無事乗り切れました。お詫び申し上げます。」 とツイートし、iPhone 4の予約希望が想定以上のものであったことを示している。







エロ写メ エロ写メ エロ写メ


掲示板

日記更新がしばらく忙しくて出来ていませんでした。 読者の皆様ご迷惑をお掛けしました。


「激痩せモデルの何が悪いわけ?」反骨精神はご健在。ケイト・モス。

 (何よ、悔しかったら私みたいに細くなってみたら?)

世界中でモデルの痩せすぎが問題視されるなか、またあの人がやってくれた。細身モデルのイギリス代表とも言えるケイト・モスが、KY発言でやり玉に上げられている。



“痩せすぎモデル”をショーにてランウェイさせないなど、ガリガリに痩せたモデルを良しとしない風潮が広まるなか、ケイト・モスの発言が物議を醸している。

その発言とは「細いに越したことないでしょ!」

規定によれば、痩せすぎモデルとは“0号サイズ”の体型を持つモデル達。その数字の通り、サイズ2や1があり、さらにその下のSXサイズが0号サイズである。

この新基準を受け、有名ブランド数社が痩せすぎモデルを排除する動きを見せている。そんな風をものともせず、真っ向から受けてたってしまうケイト・モス。どうしても思ったことを包み隠せない、彼女の反逆精神は今もなおご健在のようだ。 エロ写メ




類似性の法則

  恋人にするなら、結婚するなら、友人として付き合うならば同じ価値観を共有できる人。考え方が似ている人が良いという人がいる。一般に価値観はそれぞれ個人特有で、同じ価値観があるというのは滅多にないこと・・・・
だからこそ、自分と同じ価値観を共有できたものを発見すると、『あ!この人は私と一緒だ!』と思ってしまうものである。また別れたカップルについても離婚の原因にしても【価値観の違い】を理由にあげる人もいるだろう。
類は友を呼ぶ。朱に交われば赤くなる。など、価値観、趣味、ライフスタイルなどに何か共通のもの一つでもあれば、人は相手に対して親しみをもつ。
これが類似性の法則と呼ばれるものです。
例えば、初めてあったコンパなどでも、同じ誕生日、同じ出身地、共通の友達がいた!など、何か自分と同じもの、同じ境遇、同じ趣味などがあれば話も弾むし、親しみやすい。
こういうときにも類似性の法則が働いているわけです。
またこの類似性の法則に基づき、アメリカの心理学者マーロンは被験者約千人に対して、年齢、職業、学歴、宗教、支持政党など類似性の有無を比較した実験を行ったところ、友人同士はやはり類似性が他人より高いことが分かった。
また、カップルと夫婦においても同じ調査をしたところ、カップルよりも夫婦のほうが類似性が高いという結果も得られたという。
似ているから好きになるのか?付き合っているうちに価値観が同じになるのか?それはいろいろあると思いますが、相手との共通点が多いほど親しくなれるというのは確かでしょう。
これを知っていれば、あなたの意中の彼、彼女ともますます好意をもってもらえるはずです相手と似ている何か?それを見つけ出すところから始めますか?
エロ写メ
エロ写メ
エロ写メ


エロ写メ タブー「レイプ」に踏み込んだアイドルの今後

 テレビや雑誌のグラビアで、笑顔を振りまいてくれるアイドルたち。ただ最近はあまりにもその数が増えすぎて、ちょっと可愛かろうが大胆に肌を露出しようが、なかなか抜きん出た人気を得ることが難しい状況である。

 そんなワケで、昨今のアイドルたちは皆個性を出そうと必死。視力が悪くなくてもメガネをかけたり、やたらお尻を強調したり、さらにはオタク層を取り込むべく「鉄道」や「戦国」などのジャンルが好きだとアピールしてみたり......。

 そんな中、最近メキメキと露出を増やしているのが、貧乏アイドル・上原美優である。

「もともとキュートなルックスには定評がありましたが、10人兄弟の末っ子として生まれた自らの体験談を明るく語ったことで、今ではバラエティ番組に欠かせない存在です」(在京キー局ディレクター)

 確かに自分の生い立ちをネタにしたアイドルは過去にも多数存在する。だが、

「おやつとして草を食べていた」

「7枚のパンツを4人姉妹で取り合った」

 といった数々のエピソードは、キャラ立ちするには十分すぎるほどのインパクト。しかも昨今は、木下優樹菜のように「元ヤン」をアピールするアイド ルが人気を集めるなど、従来の「○○ちゃんはトイレにも行かない」的なアイドル神格化説が崩壊していることも、人気上昇につながっているのだろう。

 だが本人的には「貧乏」だけでは飽きられる......という恐怖感にでも駆り立てられたのか、アイドルの歴史を覆す衝撃的な告白に至った。

 先日放映された『ザ!世界仰天ニュース』(日テレ)および、5月に発売された自叙伝『10人兄弟貧乏アイドル☆』(ポプラ社)において、なんと過去のレイプ体験を告白したのだ。

 ネット上では告白自体の真偽に疑いがかけられているが、本当か嘘かは別として問題なのは、曲がりなりにも憧れの対象であるアイドルが「レイプ」を口にしたことだ。

「かつて人気絶頂だった岡田奈々が、自宅に暴漢侵入という事件が起こったせいで、本人がいくら否定しても「レイプされたのでは?」的な疑念をファンが持ってしまい、人気はあっという間に急落してしまいました」(芸能誌記者)

 いくら旧来の価値観は崩壊していようと、男性にとってアイドルというのは、基本的には疑似恋愛の対象。熱愛発覚→人気下降という状況が今も多数見られることからも、それは明白である。しかも「レイプ」となれば、どうしても「後ろめたさ」が付きまとってしまう。

 過去には飯島愛や水沢アキも自著でレイプ告白しているが、飯島は元AV女優であり、水沢に至っては数十年経ってからの暴露ということで、ある意味では意外性のない話。そんな中、あえて告白に踏み切った上原美優の今後が、非常に気になるところである。

 そして皮肉にも先駆者である岡田奈々が、50歳になっても変わらぬルックス&清楚さをバラエティ番組で披露してプチブレイク中。その清楚さが「例 え状況的に真っ黒でも、頑なに否定し続けた上に得られたもの」ならば、上原の賭けは相当分が悪いような気がするが......。





エロ写メ でも美しく・カッコ良く

 女性は美しく居続けること、男性はカッコ良く居続けること。
これらは恋人に愛され続ける大事な方法だと思います。
自分の彼女がいつまでも綺麗だと、ちょっとした自慢になるでしょう。

付き合い始めの頃に比べて、努力をしなくなる人が多いと思いますが、
『別にどうでもいいわ』の気持ちはマンネリに繋がります。

どんなに慣れ親しんだ相手でも、多少は緊張感を持つことが必要です。
『外見に気を配っている態度』が重要なのではないかと思いました。

彼氏の前でオシャレしても彼氏がカッコ良くないから無駄・・・
と思っている方。
自分が努力して綺麗になれば、彼氏も頑張って変身してくれるかもね(*^m^*)
私達の場合は逆で、彼氏が変身したので私も焦って頑張るようになりましたw




夢を取るか?エロ写メを取るか?

  「夢を取るか? 現実を取るか?」「やりたいことを取るか? 生活の安定を取るか?」という選択に悩む人がいます。
 一度、どちらかを選択したあとに、まだ迷ったり、決断を後悔してしまう人もいます。
 誰でも、自分の望みと生活の安定のどちらを大切にするか迷うことがあるのではないでしょうか。
 「夢・やりたいことか? 現実・安定した生活か?」という問題について、考えてみることにします。

1.どっちでも幸せになれる
 「人生の選択」については、すでに書きました。
 選択に迷った時には、「あっちもハオハオ、こっちもハオハオ」と考えるように心がけることをおすすめします。

 人生の重大事について悩む(よく考える)ことはいいことだと思います。
 よく考えた上で、「どちらを選んで幸せになれる」と考え、自分の意思で決断すればいいのだと思います。
 よくないのは、決断したあとに、自分の選択を後悔したり、現状を嘆いたりして、今を愉しめない(幸せに暮らそうと努力しない)ことだと思います。

2.現実を取った場合
 安定した生活をするために、一つの夢ややりたいことをやらないのも立派な選択だと思います。
 一度その決断をしたのなら、その選んだ生活を愉しめるように努力したほうがいいでしょう。その中でできるやりたいこともいろいろはずです。

 いちばんよくないのは、やりたいことをやれないことをいつまでも不満に思っていたり、自分の選択を後悔したり、今の生活の問題を嘆いてばかりいて、今を愉しむ努力をしないことです。
 後悔しても落ち込むだけです。また、どういう道を選んでも多少の問題があるのは当たり前のことです。
 今の生活が幸せでないのは、過去の選択のせいよりも、今努力をしないことのほうが大きいでしょう。
 自分の選択を「これでいい」と思えるように、努力することが自分のためです。

 一度選択した道でも、途中で変更することは可能です。それを検討することがあってもいいと思います。
 でも、大きな決断の時機はそんなに頻繁にあるものではないと思います。
 真剣に検討するのは、3ヶ月に1回とか、半年に1回とか、1年に1回ぐらいでいいと思います。その時に決断できなければ、「また次の機会に」と考えればいいのです。その間は、あまり考えない、考えてもラクに考えたほうがいいでしょう。
 そのほうが今の生活も愉しめるはずです。

3.夢を取った場合
 自分の夢にチャレンジできている人は、幸せなのだと思います。
 夢の実現を心に想うことで、希望(幸せの予感)を感じ、イキイキと生きられるのではないでしょうか。そんな自分(の生き方)を好きになれるでしょう。

 と言っても、いろいろと大変なこともあるでしょう。
 当然、努力が必要だし、困難なこともあるでしょう。でも、それにやりがいを感じることも可能でしょうし、必ずいい経験になるはずです。
 将来に不安を感じることもあるでしょう。不安を感じたら、前へ進めばいいのです。「不安は注意信号」のように考えられたら、と思います。あとは、「なるようになる」と割り切ることだと思います。
 挫折する(夢をあきらめる)こともあり得ます。また、その判断に悩むこともあるでしょう。一つの基準は、希望がもてなくなり、前進できなくなった時ではないでしょうか。一つの挫折も、人生という長い目で見れば、きっと素晴らしい経験と思えるのではないでしょうか。

 夢をもったら、目標達成への過程を楽しむことがいちばん大切だと思います。
 夢をもって生きている今を充分に愉しめれば、挫折することがあってもいいのではないでしょうか。私は、そう思っています。それに、自分があきらめない限り、挫折もありませんし。

4.自分の選択の質を高める
 人それぞれ、いろんな選択があっていいのだと思います。
 自分の選択した生き方・生活を卑下したり否定したりして、よりよく(幸せに)生きる努力をしないのが、いちばんよくないのだと思います。

 自分の選択を「よかった」と思えるかどうかは自分しだいです。
 そう思えるように生きることが大切なのだと思います。

 もちろん、人生の選択の機会と可能性は常にあります。自分の生き方を変えることはできるのです。
 生き方の形を変えることも可能ですが、生き方の質(自分の心に感じるもの)を変えることもできます。
 自分の選択した生き方の中で、質を高める(幸せになる)努力をすることが大切なのだと思います。


幸福な人生を選ぶ

 

恋人や友人に嫌われてしまった。私は相手に気を遣い、優しくしてあげていたのに。裏切られたことが悔しくて、悲しくて仕方がない。
そういうときは、こう自分に問いかけてみましょう。
「私は、人に認められて当然だという顔をしていなかったか」

他人から愛されるような人間になりたいと思うのは、当然のことです。しかし、実際に他人に自分を「愛させる」ことはできません。
自分にできることは、「愛される人間になるよう努力する」というところまでです。その限度を超えて、他人の心を操作しようとしたから、反発を受けたのです。
腹が立って仕方がないのは、自分のその浅ましさを認めるのが怖いからです。

幸福も不幸も、すべては自分の選択の結果なのです。
もちろん、人生には、思い通りにならないこともたくさんあります。他人の心は思うままになりませんし、不慮の災難に遭うこともあります。
しかし、それらをどう受け止め、どう対処するかということは、自分が選択することです。
不幸とは、「何が起こったか」によって決まるのではなく、「それをどう受け止めたか」によって決まるのです。

互いに気心が知れていると思っていた友人や恋人が、実は自分とは違う考え方をもっていたということに気づいても、驚くことはありません。
人それぞれ考え方が違うのは当然のことで、それに気づいたということは、本性をつつみ隠さずさらし出し合ったということなのです。
それを許せないと思うか、認め合おうと思うかは、自分が決めることです。

江戸時代の僧侶、良寛は、粗末で小さな庵に住んでいました。
ある夜、そこに泥棒が入りました。何も盗るものがなかったので、泥棒は仕方なく、寝ている良寛の布団をはぎ取ろうとしました。
「こんなせんべい布団をもって行こうとするということは、泥棒はよほど困っているに違いない。他人が欲しがるような物をもっている私は、何と恵まれているのだろう」
そう考えた良寛は、寝返りを打ったふりをして、わざと泥棒に布団を盗ませたそうです。

布団を盗まれたのは、泥棒のせいです。しかしそれを恨むどころか、逆に感謝の気持ちに転化させたのは、良寛自身の選択です。
泥棒がその後、悔い改めたかどうかは判りません。ただひとつ、たしかに言えることは、良寛の心は穏やかで幸せだったということです。

他人を恨めば自分の心が荒れます。
「それは自分にとって損なことだから、やめよう」
他人の態度がどうであれ、そう自分の意志で決めることが、幸福な人生を選択するということであり、自分を大切にするということです。
「相手に謝らせなければ気がすまない」「私は悪くないのだから、相手が心を入れ替えるべきだ」などと考えるのは、よけいに自分を不幸に陥れることになります。

人間の価値は、他人からどう扱われるかによって決まるのではありません。
他人から尊敬されなくても、自分が他人を尊敬できる人間になりさえすれば、それでよいのです。
他人から感謝される人間よりも、他人に感謝できる人間のほうがはるかにすばらしいのです。
他人から愛されるかどうかは、自分では決められません。しかし、他人を愛するかどうかは、確実に自分で決められます。
幸福になるためには、自分で幸福な人生を選ぶしかないのです。

すべては自分の選択の結果であるということを認めるのは、はじめはつらいことのように思われるかもしれません。
悪いことは何でも他人のせいにして、他人を批判しているほうが楽なようにも思えます。
しかしそのままでは、これからもずっと「他人のせいで不幸な人生」が待ち受けているだけです。

自分の選択に責任をもつというのは、自分を責めるということではありません。「自分のせいだ、自分が悪いのだ」と過去を振り返ってくよくよすることではないのです。
過去のためにできることはありません。私たちにできることは、過去を認め、「これからどうすればよいか」を考えるということだけです。
よいことも悪いことも、過去の自分の選択の結果である。そう認めれば、「だからこれからも、自分で選びとることができるのだ」と自信をつけることができるのです。




愛されているか気にしない

 

あなたが、会社の同僚の仕事が忙しそうなので手伝ってあげようと思っているとします。
そのとき、同僚に「見ていないで、手伝ってくれよ」と要求されると、あなたは、逆にやる気を失ってしまうのではないでしょうか。
人は誰でも、「自分の意思で行動しているのだ」と思いたいものです。他人に命令されたり要求されたりしたことを、すすんでやろうとは思いません。

愛される人間になるための絶対条件は、「他人に愛されるかどうかということを気にしない」ということです。
相手の関心を自分に向けさせようとして、媚びたり、逆に冷たくしてみたり、いろいろな駆け引きを挑んで、結局うまくいかず、疲れきってしまっている人は、思い切って、「どう思われようとかまわない」と開き直ってみてください。

しかし、この言葉の意味を勘違いしてはいけません。
男性に多いのが、相手の気持ちを無視して、自分の一方的な感情を押しつける、いわばストーカータイプ。
女性に多いのが、裏切られても、ひどい仕打ちを受けても、自己犠牲の精神で、耐えて相手に尽くすというタイプ。
こういう人たちは、たしかに、「自分がどう思われようとかまわない」と考えていますが、やはりその愛の形は歪んでいるといわざるをえません。
根本的に間違っている点は、「自分が好きになれない恋愛」をしているということです。

そもそも、「なぜ自分は他人に愛されたいのか」という原点に立ち返る必要があります。
もちろん、幸せに、心豊かに生きたいからです。
まず大前提として、「自分が心から幸せだと感じられる」ということが重要です。

自分が幸せを感じられない人は、他人に対して、「もっと気を遣ってほしい」「自分の気持ちを理解してほしい」と、際限なく要求してしまいます。
そして、いつしか感謝の気持ちをなくしてしまい、他人からの愛情も失ってしまうのです。

「ストーカー型」も、「自己犠牲型」も、共通している点は、「自分に自信がもてないから、他人に認めてもらうことで埋め合わせようとしている」というところです。
楽しいから恋愛をするのではなく、不安から逃れるために恋愛をしているのです。
そのような恋愛が実を結び、人生を豊かにすることは、絶対にありません。
自分を大切にできない人は、他人も大切にすることはできません。
自分が大切だからこそ、他人も同様に大切にしてあげられる、というのが健全な人間関係です。

活き活きと自分の人生を楽しんでいる人のまわりには、自然に人が集まってきます。
他人に何かを求めてばかりいる人は、誰からも敬遠されてしまいます。
「求めなければ愛は得られない」と思い込んでいる人は、今すぐその呪縛を解き放ってください。

他人に愛を要求し、望んだとおりの愛が得られ、心からの幸福感を得られたことが、一度でもあるでしょうか。結局、相手を苦しめ、自分も苦しむだけではないでしょうか。

片想いでも、複雑な事情を抱えていても、どのような形の恋愛であれ、自分を誇りに思い、自分が好きになれる恋愛なら、それはよい恋愛でしょう。
そして、よい恋愛をしている人は、結果的に、「自分は愛されているかどうかなどということは、気にしない」と思えるようになるのです。





calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」